教育目標



◆教育方針◆
地域の生徒が学ぶ学校として、学校・家庭・地域の三者が連携を密にし、
それぞれの立場で生徒の個性(能力・特性)の伸張を図る。
心身の健康な発達を図りながら人間相互の理解と協同、自主自立の精神を養い、
新しい社会の育成者として、明るく逞しく心豊かに
生きることの出来る調和のとれた人格の育成に努める
   1・ 思いやりの心を持ち、協力と奉仕が出来る生徒の育成 (協力)

   2・ 主体的に学習し、学力と個性の伸張をめざして努力する生徒の育成 (意欲)

   3・ 体力の向上を図り、明るく逞しい行動する生徒の育成 (体力)

   4・ 礼儀正しく、感謝の気持ちを持ち、元気に挨拶の出来る生徒の育成 (感謝)

   5・ 人権の尊重といじめや差別を見抜く力を持った生徒の育成 (人権)
◆今年度の取り組み◆
   1・ 確かな学力への取り組み
       アクティブラーニングを効果的に取り入れながら、が黒くの定着・向上を図る。

   2・ 生徒一人ひとりが未来を語ることができる進路指導の推進。

   3・ 自他ともに大切にできる人権感覚の育成。

   4・ さわやかに、元気に挨拶が飛び交う取組を継続的に推進
      
   5.地域に愛される学校づくりの推進
      生徒の心に残る創立70周年記念事業を実施      
◆山田中学ブロック(山田中・山田第五小・南山田小)の目指す子ども像◆
   1・ あいさつのできる子。

   2・ 最後までやりとげる子。

   3・ 自分の思いを伝えられる子。

         


top