70周年記念特設ページ



            

山田中学校の歴史




























 
70周年実行委員長 水田匡人
  本日は、吹田市立山田中学校の創立七十周年記念式典に、吹田市長 後藤圭二様、吹田市議会議長 小北一美様、吹田市教育委員会 谷口学様、をはじめ、地域諸団体の皆様、歴代校長先生、PTA役員の方々、現職員、旧職員の皆様、保護者の皆様など、多くのご来賓の皆様にご臨席いただき、このように盛大に挙行できますことに心から厚く御礼申し上げます。ありがとうございます。
 このような節目の年にPTA会長をさせていただき、ご縁を感じているところでございます。
現在は、昔に比べ物や情報など子どもたちの周りには豊かに溢れ、毎日の生活も非常に便利となりましたが、子どもたちを取り巻く環境は複雑となり厳しい社会になっているのではないかと思います。
かけがえのない子どもたちの健全な育成を図るというPTA活動ですが私自身を含め、それぞれ自分自身の生活で精一杯で心のゆとりが持てないのが現状であります。
  しかし、これからも周囲の大人たちが温かな眼差しをもって見守り育てていくことが大切なのだと感じております。子どもたちの笑顔が溢れる学校であるよう、出来ることから少しずつ微力ながらもお手伝いできたらと思っております。
 また、創立70周年を記念し、生徒が考えてくれた山中仮面というキャラクターも出来、非常に嬉しく思います。
 さて、山田中学校の生徒のみなさん、本日は、創立七十周年おめでとうございます。
 山田中学校は昭和22年に元青年学校に開校され、その後、山田村の方々や当時の中学生が雨の中、川を越えて屋根瓦を運んだり、廊下の基礎固めなど、力を合わせて新しい校舎を作り上げたそうです。
 通学路も雨が降ると泥んこになるので、放課後に全生徒が、近くの山から砂利を風呂敷に入れて運び、三ヶ月かかって砂利道を完成。本当に、村を上げて、村民一人ひとりの力と熱い思いの結晶として校舎が完成したといことを、今を生きる生徒、教職員、保護者の皆様も受け継いでいかなければならないと思っています。
 創立七十周年記念事業を実施するに当たり、ご尽力、ご協力頂きました実行委員会のみなさんをはじめ、地域諸団体様、保護者の皆様に深く感謝申し上げますととともに、山田中学校がこの七十年間に築き上げてきたことを基盤として未来に向かって地域と保護者と学校が一緒になり学校づくりを目指してほしいと思います。
 本式典に、ご臨席頂きました皆様に末永く山田中学校にご支援、ご指導、ご協力頂きますようお願い申し上げまして、ご挨拶といたします。
 
   

   
来賓からのご祝辞      
   吹田市長  後藤圭二 様  市議会議長  小北一美 様  教育委員  谷口学 様
   
   
 喜びの言葉 
 
  生徒代表 木下 弘基
さん
  私たちの山田中学校は、今年で七十周年を迎えました。この記念すべき年に在籍していることを喜ばしく思うとともに、この場を借りて在校生代表として言葉を述べさせていただくことを光栄に思います 。
 私事ではありますが、私の父はこの学校の四十年前の卒業生です。父の生まれる前から、この学校が建っていたのかと思うと七十年の月日の重みを感じます。そして、その中で築きあげてこられたものは沢山あるのだと実感します。
 私がそのことを強く感じるのは、学校で行事が行われるたびに、地域の方々が集まって下さるときです。先日、開催された体育大会には、台風で天候が心配な中、沢山の方々が山中を訪れてくださいました。これはやはり、先輩方が何十年もかけて築いてこられた信頼があり、この山田中学校が愛されているからではないかと思います。
 また、「挨拶の習慣」も年月を重ねて築き上げられたものの一つです。私たちが入学した当初、先輩方は当たり前のように先生方や、来校される方々に、挨拶をしていました。それを見て過ごした私たちも、今では自然に挨拶が出来るようになりました。
これも、山中ならではの当たり前のようでありながら、立派な「伝統」の一つと言えます。他にも多くのものを残して下さった先輩方に、感謝の気持ちでいっぱいです。
 その、先輩たちの築いてこられた七十年の伝統を大切にしながら、私たちは新たな山田中学校を作っていきたいと思います。
 私は、現在の山田中学校の良いところは、個性を尊重し仲間のがんばりを認め合えるところだと思います。とりわけ、学校行事では、ともに競い合ったり、協力し合ったりしながら、お互いを高め合ってきました。文総では、劇、展示、合唱、山中フェスティバルなどで個性豊かに表現する仲間に、暖かい声援が送られます。体育大会では、どのクラスでも、みんなで力をあわせて垂れ幕や旗の制作を行い、競技も応援も全力で取り組むことを大切にしてきました。
 私たち前期生徒会執行部は、これまでの山中生が大切にしてきたものをこれから先もずっと引き継いでいってほしい、そんな思いを込めて、スローガンのパネルを制作しました。全校のみなさんから募集したスローガンのアイディアの中から、3年5組の清水綾香さんの「挨拶モットー」を選び、美術部の皆さんの協力を得て、完成することが出来ました。
 それがこちらです!  
 
美術部が作成したパネル          
    私たちにつづく未来の山中生たちには、先輩たちの残して下さった宝物、そして今の山中の良いところを引き継いで、もっともっとすばらしい学校にしていってほしいと思います。  
   

 

   
     702人による大合唱!!感動をありがとう!!! 
   
 
   創立70周年記念事業
実行委員会から体育館横の時計を寄贈いただきました。
   
   
   
        学校長 謝辞   山田中学校を代表して、高い席からではありますが、皆様方に一言お礼の言葉を述べて、締めとさせていただきます。本日は、お忙しい中を、多くのご来賓の皆様にご臨席いただきました。あらためてお礼申し上げます。ありがとうございました。

本日の記念式典には百五十名近くの方々にご参列いただき、山田中学校の創立七十周年をお祝いいただきました。心から感謝申し上げます。日頃よりご支援、ご協力いただいております地域関係諸団体や保護者の皆様のおかげで、また13,708人にものぼる卒業生、これまでご尽力いただいた旧職員のお力添えで、そして、日々熱心に子どもたちと向き合っている現在の教職員をはじめ、本日まで式典・祝賀会の準備にご尽力いただきました70周年実行委員会の皆様のおかげで、こうして盛大に七十周年を迎えることができました。ありがとうございました。

今年度、本校では全校集会のたびに部活動の各大会でいただいた賞状や旗、盾の伝達表彰を行いました。学びと部活動を両立させ、毎日毎日、地道に練習を積み重ねた成果が発揮され、大阪大会や三島大会、吹田市総合体育大会をはじめとする各大会で優勝などを飾り、山田中学校の力を底上げしてくれています。
また、先日の全校集会では、創立当初、山田の村をあげて、雨の日も、風の日も土を運び、砂利を運びしながら、後に続く後輩のために新しい校舎をつくっていただいたことを話しました。創立当時の地域や保護者の皆様の熱い思いでいっぱいのバトンをしっかり引き継いでいこうということも伝えました。
本日の全校生徒による大合唱はいかがでしたでしょうか。皆様への感謝をこめて702名の全員で二つの「ふるさと」をお届けいたしました。いつまでも、山田を愛し、山田の未来を切り拓く人を育てる学校づくりを進めて参ります。

生徒の皆さんは、4月から、山田中学校の歴史と伝統の重みを誇りとしながら、同時に、新しい歴史を刻むという志を掲げ、生徒会を中心に、取り組みを進めてきました。生徒の皆さんには、本校の校歌に、「いざ翔べ羽ばたけ光をあびて」とあるように、自らの進路を自らが選びとり、自らの人生の主役として、輝きながら羽ばたいていける力を身につけてほしいと願っています。時は巡り、人は変わっても、山田の丘の面影を残すこの町で、皆様の暖かいまなざしに見守られながら、「地域になくてはならない学校」として有り続けることをお誓い申し上げてお礼の言葉とさせていただきます。 平成28年11月5日吹田市立山田中学校 校長 溝口千鶴

 

 
       
       



70周年記念キャラクターが決定しました!!
『山中仮面』です





校内の70周年特別委員会がスタートしました。
式典での吹奏楽部の演奏、記念植樹など、子どもたち主体の記念行事をすすめていきたいと思います。



創立70周年記念事業として、記念式典・祝賀会を平成28年11月5日(土)に予定しています。水田PTA会長様をはじめとするPTAの皆様や地域の皆様とともに本校の70周年をお祝いしたいと思います。子どもたちの心に残る70周年となりますよう、よろしくお願いいたします。

 






top